超多毛カット完全攻略マニュアル

山崎研人ブログ Nov 27 2020

多毛特化型美容師の山崎です。

 

 

 

YouTubeを中心に多毛でお悩みの方へのカットデザインを発信しております。YouTubeを見て日本全国から多毛でお悩みの方々たくさんご来店頂いております。

 

 

 

多毛動画一覧

 

 

 

 

実は私自身がかなりの超多毛剛毛でして。。。今までこの髪質には悩んできました。。。しかし今では多毛の特性ををしっかりと理解し多毛と相性の悪いヘアスタイルは避けているので、多毛ストレスから解放された生活を送っております。

 

 

 

*多毛さんの悩みといえば

・ボリュームが出ちゃう

・カット後1ヶ月くらいでめちゃ重くなる

・カット時梳かれすぎて毛先パサパサになっちゃう

・髪がなかなか乾かない

 

 

 

このような悩みが主ではないでしょうか?

今回のブログでは、私の考える多毛への最重要カットアプローチを二つご紹介していこうと思います。

 

 

 

アプローチ1。根元に空間を開ける

とにかく根元を間引いて、髪の根元部分から隙間を開けるようにカットして、全体の毛量感を減らします。

 

 

 

下の動画のモデルさんですが、見ていただければ一目瞭然ですが、かなりの超多毛さんです。

 

 

 

そして希望スタイルが完全ワンレングスの切りっぱなしボブスタイルです。

 

 

 

 

 

 

 

この場合ワンレンベースなので基本的にかなり重くなってしまいます。

 

 

 

下の画像がウェットカットが終わってドライカットに入る前の状態になります。ウェット状態で中間から毛先にある程度30%のセニングバサミを入れた状態でこのボリュームです。。。

 

 

 

 

 

 

 

この場合全体的に根元に空間を開けるカットが必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ1センチほどの細かいスライス幅で、少しずつ根元に空間を開けるように取っていきます。かなり根気と時間がかかる作業ですが、全集中で丁寧に丁寧に取っていきます。

 

 

 

オーバーセクション、トップ付近も可能か限り、毛流、分け目をしっかり読みつつ、表面にピンピンと短い毛が出ない程度にできるだけ根元に空間を空けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

これくらいに仕上がりました!

 

 

 

この技術のメリットとして根元の量を中心に取ることによって、頭全体の毛量が減ったような感覚になります。これは超多毛の方にとって夢のような感覚です。

 

 

 

そしてポイントは毛先に適度な厚みが残せることです。毛先がペラペラに軽くなり過ぎると、このような切りっぱなし感は出せません。

 

 

 

難しいのは、根元をとる時点で一緒に毛先もなくなっていくという点。。。なのでカット時ビフォアー状態もかなり重要になってきます。

 

 

元々が毛先ペラペラの場合は、その部分は切ってしまう必要があります。

 

 

 

またデメリットも勿論あります。

 

 

 

このカットを施してから数ヶ月たちますと、毛先の軽さと生えてきた根元の重さのギャップが激しくなり、根元がメチャメチャ重く感じてきます。

 

 

 

この場合、またある程度のレングス(長さ)をカットして、再び根元中心に間引いて空間を開けるカットが必要になります。

 

 

 

つまり、このカットを続ける限り。。。

 

 

 

髪は伸ばせません。。。

 

 

 

絶対に。。。もしこのまま伸ばそうしますと、間違いなく毛先は数えられるくらいの本数になってしまいます。。。

 

 

 

つまり根元に空間を空けるアプローチはメリットもあるけどデメリットもあるよ!諸刃の剣な技術ではあります!

 

 

 

ただしこの様な超多毛さんのワンレンボブスタイルでは絶対必要な技術になります!

 

 

 

では続きまして。。。

 

 

 

 

 

 

アプローチ2。トップを切り込んで段を入れる

 

 

 

トップを切り込んで段を入れる。。。

 

 

 

多毛な方へのアプローチとして個人的に一番のオススメはコレです!特に多毛でロングスタイルの方には絶対オススメです!!!

 

 

 

私の思うところ。。。超多毛ロングスタイルでワンレングスの状態で内側を滅茶苦茶に梳いて毛先ペラペラでパサつきハンパない!!!って方かなり多い気はします。。。身に覚えがある方はオンザコーナー に今すぐご来店ください。

 

 

 

 

例えば下の動画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この方もビフォアー状態がワンレングスの毛先ペラペラ状態でのご来店でした。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはオーバーセクションをフロントに引っ張り出して切り込みます。この時点で顔まわりの重さ、ヘアスタイル全体の重さがかなり軽減できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして全体にレイヤー入れてシルエットを整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージはセニング(梳いて)軽くするのではなく、ベースカットで軽くする!これに限ります。

 

 

 

 

この場合メリットとして、セニング(スクのを)最小限に抑えられるということがあります。これがかなり大切なんです。

 

 

 

 

多毛の方は結構経験あると思いますが、美容室で梳かれ過ぎてしまって、髪がまとまらず、パサつきがかなり出てしまった事ってありませんか?

 

 

 

 

そうです。髪を梳き過ぎると、髪は汚れるんです。

 

 

 

 

ヘアスタイルの毛先にはある程度の厚みが必要です。特にクセ毛の人、パーマをかける人は、毛先がペラペラになり過ぎると、、、メチャダサくなります。。。注意しましょう。

 

 

 

 

このようなケースは本当にかなり多いです!このケースの動画が結構ありますので下に貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでお悩みの方はこのアプローチは必須なのでぜひご相談ください!日々の生活がメチャ楽になります!

 

 

 

 

ここ数年動画で多毛カット動画で発進はじめまして、現在では毎日のように全国から多毛さんにご来店いただいております。時折怯みそうになる超多毛さんなどもいらっしゃり、勉強させて頂いております。

 

 

 

一つ言えることは、超多毛の悩みはカットで確実に解消できます!

 

 

 

多毛の方のカットは多毛カット特化型美容師。山崎をご指名ください

 

 

 

 

まずはLINEからご相談ください。(少人数での営業のため現在お電話での受付は停止中です)

 

 

 

オンザコーナーのLINE@こちらからご登録ください

スクリーンショット 2017-07-28 18.28.36