あなたもなってるかも?セニング過多について

カット Aug 06 2021

「髪多いので、軽くして下さい」

 

 

美容室で1度は言ったことありますよね?

 

 

そもそも日本人は髪が太いので、重たくなりやすいんです。

 

 

 

その為、ある程度は毛量を梳いて軽くするのですが

 

 

あまりにも梳き過ぎてしまうと大変な事になってしまいます!

 

 

 

ちなみに美容師用語で漉くことを『セニング』と言います。

 

 

そこからオンザコーナーでは梳き過ぎてペラペラになってしまった状態の事を

 

 

セニング過多

 

 

と呼んでいます。

 

 

ではセニング過多になるとどうなるのか?

 

 

毛先がパサついて艶がない、まとまらない。根元が膨らんで見えてしまうなどなど。

 

 

ヘアスタイル的にあまり美しいとは言えない状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

意外とあなたもなっているかも? セニング過多問題!


 

 

 

簡単にセニング過多になっているかを調べるには、白い台紙に髪の毛にのせます。

 

 

 

このように根元から毛先まで、髪の梳かれ具合がわかります。(自分一人じゃ難しいですね。。)

 

 

 

 

根元の重さに対して毛先が軽くなりすぎていますね。

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど毛先が見えない状態の方もいらっしゃいます。。

 

 

なんというかこれはもう

 

 

 

 

 

 

 

 

ツチノコですね。

 

 

昔の人はセニング過多の髪を見て、ツチノコと勘違いしたのかも知れません。

 

 

 

まあこれだけ毛先がペラペラだとパサついたり、まとまらないのも納得です。。

 

 

ショートの場合もセニング過多は起こります。

 

 

 

 

ちょっとわかりにくいですが、指で摘んでいる先。

 

 

 

この部分がメチャクチャ軽く梳かれています。

 

 

こりゃ絶対ハネるわ〜

 

 

 

セニング過多を解消するには?


 

ではセニング過多になってしまったらどうすれば良いのでしょうか?

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切る。

 

 

 

 

 

 

はい、切るしかありません。ペラペラになった箇所を切って無かった事にしましょう。

 

 

 

 

 

セニング過多にならないようにするには?


 

なっちゃったら切るしかない。なら出来る限りセニング過多を避けたいですよね?

 

 

 

実は多毛な方ほどセニング過多になりやすい傾向にあります。

 

 

例えば髪が白人さんの様に細い人は、段差を入れないワンレングスでもそれなりに良い感じにキマります。

 

 

ただ多毛さんの場合は、ワンレングスのままだと広がり過ぎてしまいスタイルとしてあまり成立しません。。

 

 

その為どうにか広がりを抑えようと、メチャクチャに梳き過ぎてしまうのです。

 

 

『え〜じゃあ多毛はセニング過多になるしかないの??』

 

 

そんな事はありません!

 

 

多毛さんがセニング過多にならない様にするには

 

 

レイヤー(段)を入れる。

 

 

そう。ワンレングスをやめてレイヤーを入れる事で梳かなくても形で軽くする事が出来ます。

 

 

 

 

レイヤースタイルとは?


 

 

 

 

こんな感じで段差がついているスタイル。

 

この段のズレによって軽さが生まれます。

 

 

いたって自然なスタイルですよね?

 

 

レイヤーを入れると聞くと、トップが極端に短くなっちゃったり、広がるんじゃないかと恐れている方もいますが、全くそんな事はございません。(むしろコンパクトになりますよ!)

 

 

レイヤーを入れるとかなり髪の毛を軽く出来るので、梳き過ぎなくても良い感じにスタイルとしてまとまります。

 

 

最後に


 

 

オンザコーナーではセニング過多にならないよう、髪質、毛量、骨格に合わせて最適なカットを心がけております。

 

 

なんかいつもヘアスタイルが決まらない。

 

変にパサついてしまう方は1度当店にお越しください。

 

ご来店お待ちしております!

 

 

↓LINE@からいつでもご予約できます↓

スクリーンショット 2017-07-28 18.28.36

 

 

多毛さんにレイヤーカットしている動画