Q.段(レイヤー)をなくすには?

髪と頭皮のQ&A Jan 29 2020

段(レイヤー)とは?


 

ヘアデザインにおいては、髪の長さを部分的にカットして段差をつけることを言います。上部を短く、下部を長くカットすることで段差が生まれます。

 

レイヤーにも様々な種類があります。

 

 

しっかり目にトップや顔まわりにレイヤーを入れているスタイルや

 

 

 

 

やや控えめにレイヤーを入れているスタイルなどなど様々です。

 

 

 

 

 

 

 

段(レイヤー)をなくすには?


段が入っている=上の髪が短く、下の髪が長い状態。

 

段をなくすには上と下の髪の距離を近づける必要があります。

 

なので

 

髪型の上の髪を切らずに伸ばす。

 

反対に下の髪を切る。

 

 

これが絶対に必要です。最終的には髪の長さを切らなければ、段をなくす事はできません。

 

 

 

 

 

 

段(レイヤー)を入れるとどうなるか?


 

 

段を入れる事により、頭がコンパクトになります。

 

そして削ぎに頼りすぎることなく全体の印象を軽く見せることができます。

 

削ぎを最小限にする事で、パサつきを抑える事が出来ます。

 

 

更に段が生まれる事で、髪に動きが出ます。パーマや普段から巻いている方はより立体感が生まれます。

 

 

 

ちなみに全くレイヤーを入れないスタイルをワンレングスと言いますが、日本人の髪質だと、重たく見えてしまう事が多いです。

 

 

レイヤー関係のことを↓の記事に詳しく書いてあるのでご覧になって下さい。

 

初めましての、お客様にとても多い事例と、髪の毛に段(レイヤー)を入れるということ。