Q.前髪パーマを失敗した時の対処方は?

髪と頭皮のQ&A Nov 15 2019

Q.前髪パーマを失敗した時の対処方は?

 

 

前髪パーマが綺麗にかかると、巻かなくてもスタイリングしやすくなりますよね。

 

 

しかし前髪パーマ失敗されてしまった。。という方も結構多いようです。

 

 

前髪はお顔の印象を左右する大事な部分。こだわっている人も多いと思います。

 

ですので今回は前髪パーマの失敗例と、その解決歩法をお伝えします。

 

 

 

 

パーマがかからなかった。すぐ落ちてしまった。

 

これは薬剤が弱すぎた、ロッドのサイズが大きすぎたのが主な原因です。

 

この場合は薬の強さを上げるか、ロッドを小さくして再度かけ直せば問題なくパーマかかると思います。

 

2回パーマ液をつける事になりますが、そもそも最初に弱過ぎる薬を使っているので、ダメージはそこまで気にしないで大丈夫です。

 

 

最初はかかっていたけど、2、3日で取れてしまう事もあります。

 

直毛や硬毛。カラーしていない健康毛の方に起きやすいです。

 

大抵どの美容室も1週間は無料でお直ししてくれるので、事情を説明してかけ直してもらいましょう。

 

 

 

 

 

傷みすぎてチリチリになってしまった。

 

これは薬剤のパワーが強過ぎる、薬をつけてから時間を置きすぎたのが原因。

 

要は傷みすぎてしまった失敗例です。

 

こうなってしまったのを直すのは非常に難しく、カットしてチリチリした部分を落とすしかありません。

 

特に過去の施術履歴を知らない美容師が担当した際に起こりやすいミス。

 

 

普通美容師も初めてのお客様には確認するとは思いますが、縮毛矯正、ブリーチなどしているかどうか、お客様もきちんと説明した方が安全です。

 

 

 

老けて見えるようになった。

 

 

この場合は、パーマのかかりすぎが考えられます。

 

薬剤のパワーが強過ぎる、ロッドのサイズが小さ過ぎるのが原因です。

 

これを直すには、1度パーマを落として再度かけ直せばOKです。

 

ただ最初に強過ぎる薬剤を使用しているため、少し傷んでしまう可能性もあります。

 

美容師と相談して慎重にどうするか決めましょう。